Solving critical issues
by visualization technology

みえないものを透視する技術で人類の課題を解決する

Who We Are

About IGS

IGSについて

IGS(株式会社Integral Geometry Science)は、いままで誰もみることができなかった隠された世界を撮影するテクノロジーを研究開発・事業化する会社です。未知の世界を撮影するためには、外の世界から波動を送り込み、内部で跳ね返りを繰り返し外の世界に漏れ出た波紋を観測し、映像を創りだす必要があります。このプロセスは、波動散乱の逆問題とよばれ、極めて困難な応用数学史上の未解決問題とされてきました。木村建次郎博士および木村憲明博士は、2012年にこの問題を世界で初めて解くことに成功、「散乱の逆問題の解法及び画像化法」が日米中欧 世界各国で認められ、特許を取得しました。この研究成果を社会実装するため、2012年にIGSが設立されました。同社は神戸大学インキュベーションセンターに研究開発拠点を置き、透視技術の研究開発と実用化に取り組んでいます。

IGS独自のテクノロジーによって透視されたがん細胞
Mission & Vision

Overcoming humanity's challenges with technology that reveals the unseen

みえないものを透視する技術で人類の課題を解決する

「みえないものを見る」とは、この世の未知の世界に光を当てることです。未解明な自然界の構造や現象に関する「本質」を明らかにし、我々が存在する世界の仕組みへの理解を深めます。我々が導き出した数式(散乱場方程式)はあらゆる波動の散乱現象を支配しており、理論の応用分野は無限といっても過言ではありません。我々は「人類の課題」を解決すること、人の命を救うこと、人の助けになることに焦点を当て、研究開発と事業化を推進していきます。

Leadership

Experts in applied mathematics and device technology

応用数学とデバイス技術のエキスパート

CSO
木村 建次郎
Kenjiro Kimura

10年の歳月をかけて、応用数学史上の未解決問題である「波動散乱の逆問題」を世界で初めて解決することに成功。散らばった波の波紋から物体の立体構造を瞬時に再構成することが可能となり、“人間がものをみること”の根本概念を覆す、数々の観測技術の開発・実現に貢献してきた。散乱場理論をコアテクノロジーとして、医療、エネルギー、インフラ、安全保障等の分野にまで革新をもたらすべく、不断の挑戦をし続けている。

経歴を見る

2006年4月

科学技術振興機構 研究成果展開事業【先端計測分析技術・機器開発プログラム】産学連携研究員(京都大学)

2008年4月

神戸大学大学院理学研究科 講師

2012年4月

神戸大学大学院理学研究科 准教授

2012年4月

合同会社Integral Geometry Instruments(現、(株)Integral Geometry Science)CSO

2015年9月

当社 取締役

2016年5月

当社 取締役

2018年4月

神戸大学 数理・データサイエンスセンター教授(現任)

2021年3月

当社 代表取締役(現任)

CEO
木村 憲明
Noriali Kimura

三井造船㈱技術本部で超音波やレーダー等、科学技術のエキスパートとして要職を歴任した後、大阪大学にて研究に邁進する中、2012年、木村建次郎らとともに当社の前身となる合同会社Integral Geometry Instrumentsを設立。コンクリート構造物の老朽化・倒壊対策のために、世界最高性能のレーダー装置を実現した。さらに、現在の乳がん検査に適合しない乳房をもつ女性に画期的な診断方法を提供すべく、木村建次郎らと共に、世界で初めてマイクロ波マンモグラフィの開発に成功している。

経歴を見る

2007年4月

大阪大学大学院工学研究科三井造船共同研究講座 招聘教授

2012年4月

合同会社Integral Geometry Instrument(現、(株)Integral Geometry Science)代表社員

2015年9月

当社設立 取締役

2015年10月

当社 代表取締役(現任)

2016年5月

合同会社木村財団 代表社員(現任)

Member

Experts in technology and business development

事業化を支えるテクノロジーとビジネスの専門家集団

取締役
小山 浩
Hiroshi Koyama

日本のエレクトロニクス産業勃興期において、三菱電機㈱や日本電子㈱等で半導体、電子顕微鏡等の第一線の研究者、経営者として活躍。その後、バイオテクノロジーやナノテクノロジーの分野でも多岐に渡る政府・業界関連団体の委員や理事を務めるなど、公的な立場での我が国の産業力強化、後進の育成等に幅広く尽力している。

社外取締役
上釜 健宏
Takehiro Kamigama

2006年から12年間に渡りTDK代表取締役を務め、特HDD用ヘッド、スマートフォン用リチウムポリマー世界一に育て上げるなど、同社事業の収益力の強化や事業領域の拡大にリーダーシップを発揮。豊富な経営経験をもとに、複数の有名企業の社外取締役として活躍している。

社外取締役
岡橋 寛明
Hiroaki Okahashi

経済産業省にて、「投資事業有限責任組合契約に関する法律」及び関連金融法制・税制・会社法制の改定を主導するなどベンチャー企業振興、産学連携施策等に従事。複数のベンチャー企業経営を経て、VCに転身後、2013年みやこキャピタル㈱を設立しアカデミア発ディープテック領域への投資を主導。政府系、業界団体等の委員も務め、幅広いスタートアップ支援に奔走している。

常勤監査役
内田 裕久
Hirohisa Uchida

水素吸蔵合金をはじめとした水素エネルギーに関する研究や超磁性材料の研究において、多くの学術業績を有し、東海大学をはじめ多くのアカデミア機関で要職を歴任。産学官(公)連携・技術移転、グローバル人材育成、エネルギー政策などにも精通し、VCである㈱ケイエスピーの社長も務めた。現在も、幅広く我が国の科学的国際交流に貢献している。

社外監査役
三澤 宏之
Hiroyuki Misawa

7年間アカデミアで教員としてライフサイエンス分野の研究・指導に従事。2002年、日本アジア投資㈱(JAIC)の子会社において再生医療・医療機器に特化したインキュベーション型ファンドの創業期に参加以降、一貫してバイオ・ライフサイエンス領域を中心としたスタートアップの支援に尽力。現在は、みやこキャピタル㈱取締役として投資活動を行っている。

社外監査役
酒井 弘行
Hiroyuki Sakai

アーサーアンダーセンに入所後、あずさ監査法人において要職を歴任し、2015年~2019年まであずさ監査法人理事長/KPMGジャパンCEOを務めた。現在は経営及び会計に関する豊富な経験と知見を活かし、農林中央金庫監事をはじめ、多くのスタートアップ企業の経営陣、アドバイザー等としても活躍している。

News

Recent IGS Initiatives

IGSの最近の取り組み

About

Company Information

会社概要

会社名

株式会社 Integral Geometry Science

設立年月日

2012年4月2日

事業所

兵庫県神⼾市灘区六甲台町1-1
神戸大学 産官学連携本部棟109号室

調達金額

約95億円(木村建次郎研究グループ累計)

事業内容

世界最先端の計測機器、ソフトウェアの製造販売